食品添加物

豆乳ダイエットを行うときに選ぶのは、なるべく無調整豆乳にしましょう。市販の豆乳は、無調整豆乳と、調製豆乳があります。大豆を煮て、よく絞った時にできるものが無調整豆乳です。調整豆乳は、脱脂加工大豆や、丸大豆に食品添加物や、調味料を加え、飲み口をよくしてある豆乳のことをいいます。無調整豆乳と、調製豆乳は、基本的には違う飲み物とされていますので、注意しましょう。
調製豆乳は大豆固形分6%、無調整豆乳は大豆固形分8%以上がJASの規格です。豆乳ダイエットの主旨である、低カロリーで、高タンパクの豆乳を摂取するためには、無調整豆乳を飲むようにしてください。より大豆固形成分が少ない飲料については、豆乳飲料という書かれ方がされています。豆乳を飲む時間は、食前または間食にすればダイエットに効果的で、豆乳を飲む量は200mlくらいが適当です。女性ホルモンと働きが似ているイソフラボンが豆乳には含有されているため、過剰摂取にならないように気をつけましょう。
豆乳ダイエットは、毎日豆乳を飲み続けることで、脂肪の燃焼を促進していくというコンセプトです。1日に70mg〜75mg以下の範囲でイソフラボンを摂取することが望ましいものとして、食品安全委員会は定めています。無調整豆乳を200mg摂取すると、イソフラボンの量は45mgくらいになります。健康のためにも、豆乳を摂取する時には、飲み過ぎないように注意をする必要があります。豆乳だけでなく、納豆や豆腐など、イソフラボンを含む大豆製品の摂取をしているなら、無調整豆乳は200mlで事足ります。